原宿・表参道の面貸しサロンへ申し込む前に決めておきたい4つの事

こんにちは

サクラが散って新社会人へと階段を上りはじめた初々しいスーツ姿が眩しいと感じているコクナリです。

さて「面貸しサロンへ申し込む前に決めておきたい4つの事」3月末までサロンで働いていた美容師にとっては「これからどうするか?」の準備や実行が始まる月です。

そこで今回は「面貸し」を始めようとしているフリーになったばかりの美容師さんに向けて、4つに内容をまとめてみました。

面貸しサロンへ申し込む前に決めておきたい4つの事

1利用するエリアを決めよう

お客様はあなたの働いていたサロンから遠く離れた面貸し美容室を選ぶとマラソンのように最初は軽快に足を動かしてくれますが、だんだんと足が重くなり離れてしまう事が良くあります。

原宿・表参道を希望する私たちにとってインターネットからの面貸し募集情報はあふれているので、休日にでも街中を歩きながら実際にいくつかの面貸し美容室を見て回りましょう。

ウェブサイトからでは見つけられなかったサロンの雰囲気やロケーションから働くイメージが掴める事もあります。

 

2フリーランス美容師で食っていけるか冷静に検証しよう

お客様は担当したい!でも再就職はしたくな!そんな希望を形にした面貸し美容室ですが、利用する美容師にとって毎月決まった給料を渡してくれる場所ではありません。自分でお客さんを連れてきて担当するから利益が大きいのです。

そして利益は収入だけではありません。生活の中心を職場から自分へとかわったのですから、自分に費やせる時間が増えたことで時間と賃金バランスを冷静に見つめてみる事も大切だと考えます。

 

sand-timer

3予約が入るまで待つのはやめる

フリーランス美容師をはじめたばかりの時期は中々予約が入らないという時期も無いとは言えません。そんな場合は業務委託の歩合美容室を数社見つけておき退社する前にフリーになった場合に収入が思ったより少ないときはアルバイトのように空き時間に利用してみても良いと考えます。

自分なりのシナリオをいくつか考えておけば迷う時間が少なく落ち着いてフリーランス美容師を続けられます。そして信頼しついてきていただいた顧客様を最高の技術で担当して下さい。

 

4新規・紹介者を呼ぶ方法

とにかく初めが肝心だと考えます。フリーになった直後の来ていただけるお客様は私たちにとって非常に大切にしなければならない重要顧客です。この重要顧客のひと達こそ新規と紹介者を呼んできてくれると認識しておきましょう。飲食店などは「オープン特需」という現象があると言われています。

よくある「あたらしい店ができてなんだか行ってみようかな?」や「ねえ、あそこにこんなあたらしい店ができたんだけど行ってみない?」なんて事がありませんか?

お客様に紹介しやすい動きだしを行って、分かりやすい紹介カードやメッセージカードを作成し「オープン特需効果」をうまく使う事をお勧めしたいです。

 

記事の結論

何事もはじめてみなければ分からないこともあります。フリーランス美容師を始めるまえに相談が必要なばあいはぜひ問い合わせてみてください!

ひとり目のお客様を担当した時の達成感は就職時とはまったく違う充実感がありましたよ!

You may also like...